神頼みへ ~安房神社と洲崎神社~

神頼みへ

只今、田植え真っ最中な実家にいるのですが、
房総なら房総で神頼み!と、
安房神社洲崎神社へ行って参りました。

先日、友達とのメールで
「安房神社と洲崎神社で神頼み!」そんな話になって
ほんとは兄へおすすめだったのだけど、
ちょっと調べてみたら私が気になり、
車でないと厳しいため、ペーパードライバーで
ゴールド免許な私は、親に車で連れていってもらった!

ちなみに、現在兄と両親冷戦中のため
兄は知らない085.gif

そもそもなんで、行きたくなったかというと、
安房神社と洲崎神社は、それぞれの御祭神が
王太玉命(あめのふとだまのみこと)と
その后神天比理刀咩命(あめのひりとめのみこと)

素直に夫婦なんだぁという気持ちで、是非両方行きたくなった。
そして、洲崎神社は1180年、石橋山の合戦で破れた源頼朝
安房へ逃れた際に、ここで

「もう一度!」
そんな思いで、再挙を期して参拝したとされるという歴史。
歴史に詳しくない私でも、源頼朝はしっているし、
このあと天下統一した運命をみると、今『再始動』を目標にしてる
私には、これは!と思ったわけです。
さらに、洲崎神社からは富士山が鳥居越しにみられるという。
単純にそんなの美しいに決まっているという気持ちと、
たまたま明治神宮で引いたおみくじが、富士山のうただったので
富士山見たかったのです。

前おきが長々となりましたが、最初に洲崎神社へ向かいました。
友達からも石段について聞いていましたが、
目の前にすると、やっぱり尻込みする 約150段


a0205596_00054432.jpg

心が折れるちょっと手前くらいでのぼりきれますが、
運動不足にはなかなかきつい。息切れした。

最後の三段で、



a0205596_00083096.jpg

前から人が来なくてよかった。そんな女になってた。
ちらちら参拝者はいたけど、静かな山の神社という感じで
桜は散っていたけどツツジやすみれが咲いてたり、
小鳥が近くにいたり、足元が砂利でなく貝殻だったり
優しく穏やかになるかんじでした。

あいにく曇りで、富士山は望めず、
海岸の方の鳥居には行かなかったのだけど、
本殿の近くにも富士山が望める鳥居があるからいってみたが、
やっぱり富士山はみれなかったが、すごいことになってた。
最近置かれちゃっただろう岬でよくみる『幸せの鐘』、
メッキの鷹、鶏…あれはちょっと…

あれはあれでおもしろかったわたしですが、
富士山を望むなら海岸のほうがいいでしょう。
私も次回は晴れた時いく!


a0205596_00193857.jpg

そして、車で移動して、安房神社へ。
安房神社は洲崎神社とちがって、
参拝者が多い神社。
きっちりきれいに整われ、私も背筋がのびたけど、
ピリピリした感じではなく、いい例えがわからないけど
『まじめな父親』という感じ。
自分が房総で育ったからなのかなんだか優しさも感じたわけです。

さんざんお正月からおみくじを引いてきたけど、
これが締めかなと、おみくじをひいてみたのだけど、



a0205596_00262117.jpg

『大吉』
そして、今回私は再始動がお願いしたくて
安房神社、洲崎神社をお参りしてきて、おみくじは
『第一番』再始動にはぴったりの数字!
かなりうれしくなりました。


遠くに神頼みにいくのもいいけど、
近くにも目を向けるべきだなと実感しました。
次回行けたら、絶対富士山をみたい!


HPもよろしくお願いします。↓
http://kamada.choitoippuku.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トラックバックURL : http://kamada330.exblog.jp/tb/21149568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kamada330 | 2015-04-22 23:36 | 絵日記 | Trackback | Comments(0)

イラスト・粘土アート・デコごはん などなど作品つくっておりますカマダマユメのブログです。作品とカメ様とプーちゃまとの日々や絵日記を徒然なるままにゆるりとつづります。


by kamadamame
プロフィールを見る
画像一覧